頻発する足首ねんざは、カカトの傾きが重要!





ブログをご覧いただきありがとうございます。

八尾市 河内山本
3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門
アークス整骨院 古川智章です。
(@arcx1101)





今回は動画のご案内です!

お体の痛みや悩みを解決するために
知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする
アークス整骨院チャンネルのご案内


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


今回の動画
頻発する足首ねんざはカカトの傾きが重要


足首捻挫だけでなく、膝痛・腰痛でも
必ず診るべきカカトの傾き


なぜカカトの傾きが大事なのか?
足首ねんざを例にご紹介します


足首のケガをされた方は
足首まわりの靭帯や組織が
硬くなりやすく、動きを制限します


とくに硬くなりやすい部位に
内くるぶしの下にある『バンド』があります





このバンドの役割は腱や筋肉
神経が飛び出さないように
止めておく働きがあります。


しかしケガをして硬くなると
内くるぶしとカカトが近づき
捻挫が起きやすい状態で
固まってしまいます











スポーツ復帰しても、この足の状態だと
再度ひねってしまうリスクは高いですよね


そのために足首周りの動きを
制限している組織の癒着をはがし、
カカトの傾きを調整する必要があります


またこのバンドの下には足の指に向かう
神経があり、その神経が圧迫を受けることで
指の力が入りづらい状態になってしまいます





指が上手く使えないとカカト重心
になり膝や股関節など他の関節に
負担がかかり、別のケガに
発展していきます


☑過去に足首のケガをしたことがある
☑足の捻挫で悩んでいる
☑カカトの外側ばっかに体重がのる
などでお悩みの方は
ぜひお試しください







*画像をクリックすると動画が再生されます


①屈筋支帯(くつきんしたい)





②指に向かう神経





【まとめ】
・足首ねんざはカカトの傾きが重要
・ケガをすると、足首全体が硬くなる
・バンドが硬くなると、再発しやすい体勢で固まる
・指が使いづらくなる
・カカト重心になることで、更にケガを誘発する


【編集後記】
今年の目標はハーフマラソン完走
そのために早朝ランニングしてますが、
びっくりするぐらい体が動きません
昔の記憶と現状のギャップに
戸惑っている31才です
運動会で肉離れを起こす原因を
はっきりと認識しました




最後までお読みいただきありがとうございました!






もし現在、
お体のことでお悩みでしたら、
些細なことでも結構ですので
ご相談ください

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

3年以上治らない
腰痛・膝痛の専門治療院
坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝
などの症状でお困りの方はご相談ください。




◆ひざ痛・腰痛専門治療院
 大阪府八尾市山本町南1-7-12
 近鉄  河内山本駅  徒歩2分
 072-976-4498 

●初回施術料金 60分→4000円
 施術内容
(問診・動作分析・頭蓋骨調整・骨盤調整・筋膜リリース)

コメント